MENU

職場体験レポート(Mさん)

2016年8月5日

こんにちは。


今日は職場体験に行った若者のMくんの体験レポートをアップします。


彼はこの職場体験をきっかけにして、この職場での就職が決まりました。

 


 

僕は居酒屋のMとSサービスという工場の2か所に行きました。


居酒屋のMは本八幡という所にあって、まず行徳から西船橋まで行きます。


そこから本八幡まで行けます。


朝は駅がすごく混雑していますが、東京の方ではないし、電車の中はそこまでだったので良かったです。


Mでは主に仕込みの手伝いをします。


まず、最初にキャベツの千切りをします。


キャベツを半分に切って機械に押し込むだけなので簡単です。


長ネギのみじんぎりもしました。


細かく切るので大変です。


くし打ちも手伝いました。


肉によって余分な所を切ったり、開いたりします。


綺麗に打つのが慣れるまで大変でした。


体験を重ねることで段々と作業を早くできたりうまくできるようになっていくのが嬉しかったです。


料理も基本的なものは大体作れるようになったので体験して良かったです。

 



Sサービスの工場は舞浜にあります。


市川塩浜から2駅で着くのですが、東京方面なので、電車の中は人でいっぱいいっぱいで大変です。


降りるとき「降ります」と言わないと降りられない時があるくらいです。


舞浜の駅から歩いて20分で着きます。


そこでやる作業はモデムというものをレンタルしてほこりや傷がついている部分を綺麗にする作業です。


まず、いらないシールをはがします。


次にぞうきんで水拭きをして、からぶきします。


そして、ほこりがついている溝や小さな穴を歯ブラシでブラッシングします。


傷があったら、はけをぬってキズをとります。だいぶ細かい作業で大変です。


見落としてしまう所があって、良く注意されてしまいます。


パートさんのノルマは1時間20個なのですが、僕は10個しか出来ないです。


まだ、1週間しかやってないのでこれから段々と上手に出来るようにしたいと思います。




 

新着記事

新型コロナウイルス感染症により、遠方への外出が難しい、また可能な限り外出を避けたいという状況となっています。   そこで私たちニュースタート事務局は、オンライン個別相談を5月より開始いたしました。 特に関東圏以外にお住みの方には、ありがたいと

  新型コロナウイルス感染症対策の心配がまだ続く中ではありますが、若者講演会を開催することといたしました。   今回は定員を通常の半分となる20名とします。 定員が少ないため、対象は引きこもりで悩む親御さんや、ご兄弟などご家族の方に限定させ

    集中訓練プログラム ~新生活スタートコース(3ヶ月)~の説明会が、8月1日から始まります。   集中訓練プログラムとは、ニュースタートの寮に住みながら、ニュースタートや外部の提携企業での仕事体験を行う、3ヶ月間の合宿型プログラムです

人気記事

この記事の関連記事

本日の西日本新聞に、 「引きこもりの息子、業者頼った末…遺体で発見 『一体どうすれば』親の自問」 という記事がありました。   https://www.nishinippon.co.jp/item/n/622211/     引きこも

  新型コロナウイルス感染症対策の心配がまだ続く中ではありますが、若者講演会を開催することといたしました。   今回は定員を通常の半分となる20名とします。 定員が少ないため、対象は引きこもりで悩む親御さんや、ご兄弟などご家族の方に限定させ

  ニートには自分が拠って立つ人間関係が必要     しかし一方で、仕事や生き方に希望がなくても、ニートや引きこもりにならない人たちもいます。       では、そういう人たちとニートの違いは何なのでしょうか。      


アーカイブ

2020

最新記事


© 2020 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.