MENU

ニート・引きこもりに必要な、「緩やかな人間関係」

2019年12月19日

前回>>

 

 

ニートには自分が拠って立つ人間関係が必要

 

 

しかし一方で、仕事や生き方に希望がなくても、ニートや引きこもりにならない人たちもいます。

 

 

 

では、そういう人たちとニートの違いは何なのでしょうか。

 

 

 

cookie0I9A9710_TP_V4.jpg

 

 

 

それを分けるのは、自分が拠って立つ人間関係があるかないか――そこにあるのではないかと私は考えています。

 

職場や教室での形式的な人間関係ではなく、しっかりと心を通わせる家族や友人、恋人といった人たちの存在が自分の近くにあるかどうか、です。

 

 

 

たとえば、ニュースタートを卒業して社会で働きはじめた若者たちには、もし失敗しても最後はここで築いた人間関係がある――そういう自信が、大きな拠り所になっているようなのです。

 

 

 

第1章でも紹介した、ホテルに勤めたけれども、ここは儲け優先主義だと辞めてしまった康成君(30歳)などはその典型です。

 

 

 

「ニュースタートには、自分と同じような引きこもり経験を抱える人たちがいて、自分だけが特別じゃないとわかって、まず精神的にすごく楽になれました。

 

また、そういう仲間といろんなプロジェクトを話し合いながら進めていけたことも、貴重な体験でした。」

 

 

 

彼は私にそう言ってくれました。

 

 

 

これは私の想像ですが、彼は卒業してからも、どうも意識の半分はいまもニュースタートにあって、そこに片足を置きながら社会を見ているという感じがあります。

 

 

 

そのような感覚は、あるいは「複数の自分」とでも言ったほうがいいかもしれません。

 

 

 

職場以外の人間関係、または教室以外の自分を持っていれば、仮にいきづまってもなんとか切り抜けられます。

 

それは長年通っている近所の空手教室での気心の知れた仲間との関係でもいいし、大好きな読書の時間でもいい。

 

そういう「複数の自分」があれば、もし会社や学校を辞めることになっても、新たな場所でがんばれます。

 

 

 

172.jpg

 

 

 

反対に、会社やあの教室にしか自分の居場所がないと考えると、そこで行きづまったらもうおしまいです。

 

残念なことですが、会社にリストラされて自殺してしまう会社員は、その「複数の自分」を持つことができなかったと言えるかもしれません。

 

 

 

しかも、最近の企業は終身雇用制の時代と様変わりして、雇用風土がどんどんドライになってきています。

 

人件費の節約のために、正社員を減らして契約社員や派遣社員を増やしている。

 

極端なところは、もう給料額や業績だけで会社と社員が結びついていたりします。

 

雇用関係がどんどん抽象化してきているわけです。

 

 

 

そうなってくると、ニートに限らず、誰もが自分の拠って立つ人間関係や「複数の自分」をしっかり持っていないとやり過ごしていけないのです。

 

 

 

私は年賀状を毎年700枚ぐらい出していますが、これは「緩やかで薄い人間関係」です。

 

年賀状のやり取りしかない人が大勢います。

 

六〇年以上生きているわけですから、それぐらいの「緩やかで薄い人間関係」ができているわけです。

 

 

 

そんな「緩やかで薄い人間関係」を、やはりニートの若者に求めるのは、気持ちはわかりますが無理があるのでは、というのがニートの若者たちと日々接している私の正直な感想です。

 

なぜなら、私のところにいるニートの若者には、一人平均で3通くらいしか年賀状がこないからです。

 

そんな状態で「緩やかで薄いつながり」も何もありません。

 

 

 

むしろ、これからの時代をやり過ごしていくためには、反対に「気心の知れた濃い人間関係」を三本程度持たないと、ふたたびニートや引きこもりになってしまうのではないでしょうか。

 

 

その「気ごころの知れた濃い人間関係」――それが、冒頭で書いた「自分が拠って立つ人間関係」のことなのです。

 

 

 

「希望のニート」二神能基著 2005年6月2日刊行 より

 


 

 

このテキストは株式会社東洋経済新報社(以下「出版社」という)から刊行されている書籍「希望のニート」について、出版社から特別に許諾を得て公開しているものです。本書籍の全部または一部を出版社の許諾なく利用することは、法律により禁じられています。

新着記事

本日の西日本新聞に、 「引きこもりの息子、業者頼った末…遺体で発見 『一体どうすれば』親の自問」 という記事がありました。   https://www.nishinippon.co.jp/item/n/622211/     引きこも

    当事者向けブログ、「もつのステイホームな後輩たちへ」が始まりました。 こちらはnoteでのみ読めますので、面白ければぜひフォローしてください。   元引きこもりで、スタッフでありながら、しっかり引きこもり体質を保ち続けているも

いつも私たちニュースタート事務局へご支援いただき、ありがとうございます。   認定特定非営利活動法人制度(認定NPO法人制度)とは、税制上の優遇措置によりNPO法人への寄附を促すために設けられた制度です。 認定NPO法人に承認されるには、広く

人気記事

この記事の関連記事

ニート・ひきこもり、 「8050問題」にさせない3段階解決法        川崎や練馬の事件の教訓、そして「8050問題」にさせないための親の決断を――     今年前半に起こった川崎や練馬での殺傷事件以降、私たちのところには我が子

クリスマスパーティーのお知らせ ※例年より早い、第2土曜日の開催です!   ニュースタート恒例、クリスマスパーティーが近づいてまいりました。 卒業生の皆様、ニュースタートの変わらぬゆるさを感じに来ませんか。 12月14日(土)18:30~

※こちらの講演会は、中止となる可能性があります。  こまめに情報をご確認ください。  定員は通常の半数を予定しております。  参加の際は、必ずマスクをご着用ください。         実例から学ぶニート・ひきこもり3段階解決法


アーカイブ

2020

最新記事


© 2020 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.