MENU

SPA!「死を招く『新型うつ』の正体」

2017年5月13日

 

現在発売中の週間SPA!の特集、「死を招く『新型うつ』の正体」。

この中で、ニュースタート事務局が紹介されました。

 

spa.JPG

 

特集内容は、セルフネグレクトに関するもの。

「自虐うつ」とも書かれています。

 

孤独死した事例や、現在も苦しむ方のインタビューに続き、社会復帰サポート施設としてニュースタートを紹介しています。

サポートの内容や、スタッフと卒業生のインタビューが掲載されています。

 

詳細はSPA!をお読みください。

 

この特集を見て感じたのは、ニュースタートに来ている人たちはまだ幸せだ、ということです。

家族とつながっていて、家族が何とかしたいとサポートを依頼してくる。

それすらない人たちの事例は、読んでいて胸が苦しくなります。

 

ニュースタートを卒業させていいかの判断基準に、「仲間とつながれているか」という項目があります。

「仕事が続いているか」などの項目と同等に、またはそれ以上に、大切な項目です。

 

我が子が本当の孤立になってしまう前に。

親御さんには、できることがあるならしていただきたいと思います。

 

 

新着記事

  同級生たちの「受験パパ」化       ちょうど昭和40年代、私が学習塾をやっていた頃の話です。       当時は塾の保護者会をやると、たいてい母親しか来ませんでした。   ところが、私の塾でも受験動向などのデータ分析を

大人や仕事のモデル(見本)が少ない   とはいえ、「ただの人として楽しく生きろ」といっても、言葉だけではなかなか伝えにくい。   そこで、「ただの大人たち」と交流する機会として、「鍋会」という企画が私たちのところにはあります。  

  ただの人として、楽しく生きる  なかなか「働けない」ニートの若者に対して、私は     「ただの人として、楽しく生きればいいんだ」     という言葉をよく投げかけます。           日本の社会は

人気記事

この記事の関連記事

  「働く意欲のない若者」論の誤解     ここまで、私が日々若者たちと接して感じた彼らの長所・短所について書いてきました。   それらをふまえたうえで、「ニートは働く意欲のない甘えた若者」という批判について書いてみたいと思います。

  首都圏4大都市講演会「我が子のニート・ひきこもりをこの1年で解決しよう」が終了いたしました。     今回は千葉、大宮、横浜、そして東京と、4箇所での講演でした。 お問合わせもたくさんいただき、どの会場もほぼ満員でした。  

        真面目な親が子どもを追いつめてしまう     年間約200組の親御さんの面談を、私が代表をつとめる「ニュースタート事務局」では行っています。   ニート(15歳から34歳までの無業者)や、不登校や引


アーカイブ

2017

最新記事


© 2017 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.