MENU

SPA!「死を招く『新型うつ』の正体」

2017年5月13日

 

現在発売中の週間SPA!の特集、「死を招く『新型うつ』の正体」。

この中で、ニュースタート事務局が紹介されました。

 

spa.JPG

 

特集内容は、セルフネグレクトに関するもの。

「自虐うつ」とも書かれています。

 

孤独死した事例や、現在も苦しむ方のインタビューに続き、社会復帰サポート施設としてニュースタートを紹介しています。

サポートの内容や、スタッフと卒業生のインタビューが掲載されています。

 

詳細はSPA!をお読みください。

 

この特集を見て感じたのは、ニュースタートに来ている人たちはまだ幸せだ、ということです。

家族とつながっていて、家族が何とかしたいとサポートを依頼してくる。

それすらない人たちの事例は、読んでいて胸が苦しくなります。

 

ニュースタートを卒業させていいかの判断基準に、「仲間とつながれているか」という項目があります。

「仕事が続いているか」などの項目と同等に、またはそれ以上に、大切な項目です。

 

我が子が本当の孤立になってしまう前に。

親御さんには、できることがあるならしていただきたいと思います。

 

 

新着記事

ニート・ひきこもり、 「8050問題」にさせない3段階解決法        川崎や練馬の事件の教訓、そして「8050問題」にさせないための親の決断を――     今年前半に起こった川崎や練馬での殺傷事件以降、私たちのところには我が子

    集中訓練プログラム ~新生活スタートコース(3ヶ月)~の説明会が、11月2日から始まります。   集中訓練プログラムとは、ニュースタートの寮に住みながら、ニュースタートや外部の提携企業での仕事体験を行う、3ヶ月間の合宿型プログラムで

留学などで日本に滞在している外国人の方々が、「和」とは違う「日本式」についての記事を書いているサイト。 まだ昨年始まったばかりのサイトのようですが、私たちとは少し違う視点で日本のことが読める、面白いサイトです。   こちらから取材の依頼をいた

人気記事

この記事の関連記事

先月下旬より、メールマガジンを始めました。        ・ニュースタートが関わった成功事例  ・親として何をすればいいかのポイント   この2種類の内容を、毎週交互にお送りしていきます。   親として何をすればいいかは、「親御さ

  ドイツの女性誌で、レンタルお姉さんの仕事内容が紹介されました。 ドイツ語のため、内容が分からないのですが・・・。   海外の方からの引きこもりへの関心は高く、度々お問い合わせをいただいています。        

      二神能基著「暴力は親に向かう」   この書籍の初版は、今から12年前の2007年に東洋経済新報社から出版され、2010年に新潮社にて文庫化されました。 ここ最近の一連の事件を受け、新潮社の方から「今読んでもらいたい本、再


アーカイブ

2019

最新記事


© 2019 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.