MENU

2017年ニート祭り「あくせく働かない、その先の幸せ」

2017年5月2日

 

2017年2月10日(にいとの日)。

 

せたがや・がやがや館にて、第11回ニート祭りを開催しました。

今年のテーマは、「あくせく働かない、その先の幸せ」です。

 

前半はニュースタートの若者たちによる朗読劇「ニート支援で僕たちはどう変わったのか?」を上演。

若者たちやスタッフの熱のこもった演技に、「楽しかった」「ささる言葉がたくさんあった」とご好評をいただきました。

 

ここでは、後半のゲストを迎えてのトークライブの内容をご紹介します。

 

 


 

 

<出演者>

 

 

phaさん  『ニートの歩き方』著者、「ギークハウス」発起人

 

79年大阪市出身。

京都大学を24歳で卒業し、25歳で就職。

できるだけ働きたくなくて社内ニートになるものの、28歳の時にインターネットとプログラミングに出会った衝撃で会社を辞める。

仕事はしたくないけど孤立はしたくないと、「ギークハウス」というシェアハウスを作り、ギーク(IT技術に長けたオタク)たちと暮らしている。

文筆の他にも最近ニコ生のバイトを開始したが、身体のだるさからやはり勤務は向かないと感じている。

 

 

葉梨はじめさん  山奥ニート、NPO法人「共生舎」スタッフ

 

88年愛知県出身。

子供のころより働きたくないという野望を抱き続けるも、優等生として思春期をやり過ごし、大学中退後に念願のニートになる。

いかに働かずに生きていくかを模索する中、NPOで山奥の古民家の管理人を募集していることを知り、2014年から和歌山県の山奥でニート達と暮らしている。

自称「山奥ニート」。

一流のニートになりたい。

特に田舎は好きではない。

 

 

はっしー   ニュースタート寮生

オーシャン  ニュースタート寮生(数少ない女子寮生)

ショク    ニュースタート卒業生

 

(司会進行 ニュースタートスタッフ)

 

 

 

 





 

 

 

  --トークライグ開始!--

 

 

 

葉梨  僕は小学生の時からずっと働きたくなくて、フラフラしてる大人にずっと憧れてたんです。

寅さんとか裸の大将とか、ああいうテキトーな大人になりたいなとずっと思ってて。

でも大人から「将来の夢は?」って聞かれたときに、「ニートです!」とは言えないので、一応そこそこいい子のフリをしてたんですけど。

大学ぐらいでそれも限界が来て。

二年ぐらいひきこもって「もうこれは山の中に小屋とか建てて暮らそうかな」って思ってた時に、ネットの知り合いから「和歌山の山奥にニートを集めようっていうNPOがあるらしい」という話を聞いて乗り込みました。

場所は和歌山県紀伊半島の大体真ん中のあたりなんですけど、駅から一時間半車でかかる。

 

pha  すごい山奥ですよ。

僕も行ったんですけど。

この先もう人なんか住んでないだろって道をずっと抜けて行くと、急に集落がある。

こんな秘境があったんだ!みたいな感じのとこでした。

 

葉梨  使ってない畑がたくさんあって、野菜もそんなに世話しなくても生えてくる。

山菜もいくらでも生えてるんで、春は食べ物に困らないです。

鹿とかもその辺にたくさんいて。

狩猟免許を取ってる子もいるけど、交通事故とかで鹿が死んでたりすると、村の人たちが「あそこで死んでたぞ」って教えてくれて。

みんなで「なんだってー」と回収しに行くっていう。

 

pha  「肉だ!」と(笑)

 

葉梨  「肉だー!」みたいな(笑)。

山奥は食べ物がいくらでもあるので。

仕事しなくても最悪死にはしないなっていう安心感はありますね。

今うちの集落、8人しか住民いないんです。

平均年齢80歳余裕で越えてて。

そこに13人の若者がいるんで完全に僕らのほうが多い。

もうニートの村ですね。

もともと僕らがいま住んでいるところは廃校だったんですよ、小学校で。

 

--何か不便な点、山奥で大変なところとかありますか?

 

葉梨  どうせ街にいてもずっと引きこもってるんで。

なんか別に変わらないですね。

 

pha  山奥だけど、Amazon届きますしね。

静かだし、本当に山奥なんだけど。

家に入ると広いリビングがあって、漫画とかゲームがいっぱいあるんですね。

ニートの楽園みたいな。

みんなゲームとか、音楽流したりして遊んでる。

やーいいなぁって。

 

 


 

 

--事前にお話を聞かせてもらった時に印象的だった言葉があって。

「男ニートは仙人を目指す、女ニートは魔女を目指す」っていう。

 

葉梨  ニートって仙人目指さないですか?

一回。

 

はっしー  仙人って、霞を食べて生きる的な?

 

葉梨  そうですそうです。

 

はっしー  あー・・・思いましたね。

憧れ的なものも含めてですけど。

 

葉梨  僕分からないんですけど、ニートには女性の方もやっぱりいますよね?

 

--数は多分同じぐらいいるのかなって感じです。

ニュースタートはニート引きこもりの支援という事で訪問とかもしてるので、相談電話とかが来るんですけど。

だいたい男性9割で女性1割くらいで。

相談数ではすごく差がついている。

 

オーシャン  個人的な意見ですけど、女性の方がそういう所に相談しづらいっていうか。

そういう状況になっているのを他人に分かられたくない、って言うのがあるんじゃないかなって気はしますね。

 

--女性が仙人のように引きこもり生活の中で何か深めて行ったり、俗世から離れてるっていう感じはあまり見ないですよね。

 

オーシャン  どっちかっていうと、そういう風になっている状態を認められないっていうか。

だから私も今こうやってニート生活してますけど、そういう人の話を聞かないなあって。

女性だとニートしてても、ぶっちゃけ家事手伝いで乗り切れるじゃないですか。

 

--専業主婦になればそれも一つの形ですしね。

私の友だちが結婚して子供がいて。

もうすぐ小学校に入ると「ニートみたいに仕事してない期間があるからどうしよう、私ニートみたいなもんだ」って言ってましたが。

専業主婦は外で働いてなくても別に社会から問題視されないし。

 

pha  男の方がやっぱり、ちゃんと働かなきゃいけないプレッシャーが親とか社会から強いから、問題化されやすいんですよね。

 

葉梨  女性のニートは家事手伝いでいずれ結婚すればいいみたいに言いますけど。

仕事できない男がいるってことは、結婚できない女性もいるんですよね。

そういう人がどういう生活してるのかなって想像したときに、「男ニートは仙人を目指す」。

仙人と言ったらphaさんだと思うんですよ。

じゃあ女性ニートは一体何を目指すのかなと思ったら、魔女に憧れるんじゃないかなって思ったんですよ。

 

--魔女ってどんな感じですかね?

 

葉梨  なんかこう、ハーブとかを煮込んだりして。

 

一同  (笑)

 

葉梨  ハーブとか占星術とかスピリチュアルとかそういうのに、はまって行くようなイメージが勝手にあるんです。

phaさんは男のニートのゴールモデルだと思うんですけど。

女の人のニートのゴールモデルっていうのは・・・何かあるのかなあ?

 

--あんまり聞かないですよね。

お金になるならないは別として、スピリチュアル系の仕事を何かしたいっていう選択肢を選ぶ人は結構多い気がします。

スピリチュアルフェスとかって圧倒的に女性の方が行っているので。

そういう傾向は確かに魔女化かなという風にも思います。

 

 


 

 

--結婚には興味ありますか?

 

pha  僕は「ニートだから結婚できない」とか「お金がないから結婚できない」というのがよくわからないというか。

なんか別に、貧乏な男と貧乏な女がいて、一緒に暮らしたらむしろ楽になるんじゃないかってくらいに思ってるんですけど。

年収50万で一人暮らしよりも、年収100万で二人暮らしになった方が生活費も楽になるし。

助け合いとか結びつきとか、相談とかも楽になると思うので・・・。

そういうニート同士がくっついて、結婚したらいいんじゃないかと思うんです。

「年収が低いから結婚できない」というのは、男は稼がなきゃいけないみたいな価値観があるから言われると思うんですけど、それはなんか変じゃないかな。

別に貧乏人同士がくっついて幸せになれればいいし。

恋愛とかって、一番金がかからない娯楽だと思うんですよね。

 

--時にそんな娯楽もしたりしますか。

 

pha  たまにあるけど・・・

でも僕なんか、苦手なんですよね、人と一緒にいるのが。

なんか、辛い。

会社が辛いっていうのと一緒なんです。

他人と一緒に時間を過ごすのが、長時間になるとすごく辛い。

だから僕は向いてないし、別に結婚への憧れはないんですけど。

でも世の中には、憧れがあるせいで苦しんでる人がいっぱいいると思うんです。

本当は結婚とか家族に向いていない人がいっぱいいると思うんですよ。

そういう人が無理に家族を作るから、家族中が病というか、それが重しになって人を苦しめるみたいな・・・。

結婚しなきゃいけないとか、家族が大事みたいな呪いがなければ、もっと楽になる人がいると思っていて。

そういうのを取り払っていきたいなと思いますね。

 

--世の中的に結婚して子供がいるのが素晴らしい!みたいなのがありすぎるから、そのプレッシャーで人が悩むのかもしれませんね。

 

pha  人にどう見られるとかね、気にしたら負けというか、気にしても苦しいだけだからね。

気にしないでいいと思いますよ。

 

--結婚によって男性は「お金とられる」って思うし、女性は「お金よこせ」って思うからなかなか成り立たない。

女性は「専業主婦になりたい」みたいなのもあったりして。

 

pha  でもそういう意識自体が古いというか、「お金とられる」とか「よこせ」というのが、ちょっと変だと思いますね。

別にどっちがお金稼ぐとか関係なしに、それぞれ独立した個人がくっついて生計をひとつにすればいいだけで。

 

--あくせく働かないで「お互いに半々で」みたいな感じで、ゆるく働いて生きられるかもしれないですよね。

 

pha  まぁでも結婚に向いてない人はいると思います。

僕もそうなんだけど。

 

ショク  「人と一緒にいるのがしんどい人」同士というのは、やっぱりしんどいのではないでしょうか。

 

一同  (笑)

 

pha  しんどいのに、家族になったから一緒にいなきゃいけないっていう意識で、すごく家族の仲が悪くなって、暗黒の家族が生まれる・・・みたいな。

 

--はっしーさんはどうですか?

 

はっしー  結婚・・・想像した事すらないですね。

人づきあいが長期間になると、面倒くさいというか、嫌になっちゃうタイプで。

なるべく短い期間でリセットできるような関係の方が好きなんですよ。

この先、10年20年この人と暮らさなきゃいけない、みたいなのを考えると。

もうその時点で「はぁ・・・」って思っちゃいますね。

 

--オーシャンさんは?

まだ22歳だからね、とは思うんですけれど。

 

オーシャン  まだ実感湧かないです。

自分の面倒も見られない人間に他人の面倒が見られるわけないと思ってるので・・・。

とりあえず自分である程度、適当でもなんでも、フリでもなんでも、自分の面倒を見て自立することができないと。

そこまで考える余裕ないかなって感じです。

 

--まぁ結婚だけが幸せというわけじゃないので。

「コミュニティを深めていく」という意味では、葉梨さんやphaさんが作っているコミュニティっていうのを今後また広げてったり、仲間を増やしてくっていうのもひとつの形かなと。

今は男性ばかりですけど女性も呼びたいなーとかありますか?

 

葉梨  長期滞在の女性の方がいたことないんで分からないんですけど。

うちをニートの村にしたいんですよ。

今のままで10年20年経ったら、山奥の過疎地域のインフラなんて真っ先に切られると思うんです。

そういう時にちゃんと「あ、ここ将来性あるな」って判断されないと、潰されそうなので。

女の人やお子さんを呼んだりした方が、生き残りやすいのかなとは思ってるんです。

シングルマザーの方とかいいんじゃないかと思って。

 

pha  それはいいかも。

都会で疲れてちょっと生活やっていけない、みたいな人とかは住んだらちょうどいいかもしれない。

周りに優しいニートがいっぱいいて、子どもを可愛がってくれるだろうし。

 

 


 

 

--お二人はニートを肯定的にポジティブにやってると思うんですけど。

まったく働かないとお金も入ってこないだろうし。

月々いくら入ってくるように回していったら理想だなとかありますか?

どんな仕事をしながら、とか。

 

pha  僕バイトを最近始めたんですけど。

ニコ生の画面をぼーっと見てるだけの暇な仕事なんですけど、やっぱしんどいですよね。

一日やるともうぐったりしてしまって。

向いてないんですよね、そういうのが。

でも勉強になるなあと思って、週にいっぺんやってるんです。

無理しない感じで働いて、それなりに普通に生活が出来たらいいなあという感じです。

 

--葉梨さんは、時々村から仕事が来るんだろうなあとは思うんですけど、みんなの生活費はそれで回るんですか?

 

葉梨  13人みんな定職には就いていないです。

山奥に暮らしてると村の人とか結構仕事とかくれるんです。

田舎って農作物とか収穫のバイトとかその時だけ人が欲しいんですね。

月の支出は光熱費が一律99千円。

食費はみんなで割ってるんですけど、この前の月は6千円でした。

だから1万5千円あれば最低生きていける。

ほんとにお金使わなくて、1ヶ月くらい財布出さなかったりしますからね。

 

pha  月に1万5千円あればやれるんだったら、月2~3日も働けば十分な感じですよね。

 

葉梨  そうですね。

月20万稼ごうってなると相当選択肢が限られると思うんですけど。

2万くらいだったら結構何とでもなります

 

--会場からの質問には、『ニートにとってどんな仕事に就くのが一番よいでしょうか?』という質問も。

 

pha  あんまり体育会系じゃないというか、競争させられるとかノルマがあるとか、そういう会社は向いてないんじゃないですかね。

自分のペースである程度認められるみたいな。

僕の周りにいるギークというかプログラマーはわりとそういう人多いですね。

コミュニケーションは苦手だけどパソコンめっちゃ詳しいみたいな感じ。

技術があったら自由にできる、みたいな感じはいいですね。

あと「ちゃんと求人出して募集するほどじゃないけれど、ちょっと手伝ってほしいんだ」みたいな仕事は、タウンワークとかには載ってないけれど結構あるので。

色々知り合いを作ってたら結構あると思うんですよね。

 

葉梨  簡単に「知り合いを作る」とか言いますけど、そんなに簡単に知り合いできないですよ。

 

pha  村にいて「ちょっと手伝って」って言われるのと同じだと思うんです。

まぁどうやって知り合い作るかっていう話になるんですけど。

趣味とかで繋がっていくしかないんじゃないかと思うんですけどね。

 

--家から出るの苦手でも、ちょっとコミュニケーション苦手でも、ネットでも友達は作っといたら仕事入ってくるかもしれない・・・。

 

pha  今のこのイベントだってそうだし、ニュースタートだってそういう場でもあるし。

「色んな場所に顔出してみる」っていうのしかないと思うんですけどね。

Twitterで「ニート祭り面白かったです」と書いたら、誰かが「私も行ってました」みたいな感じで繋がったり。

 

葉梨  いいですねぇ。

じゃあ『#ニート祭り』っていうハッシュタグでツイートしましょう!

 

 


 

 

--今回のニート祭りは「あくせく働かない、その先の幸せ」がテーマですが、皆さんにとって幸せは何ですか?

 

はっしー  とりあえず、自分にとって許容できるだけのストレスだけしか感じないような生き方をしたいってところです。

無理はしたくないなっていうのはあるんで。

どの職に就きたいとかいくらくらいお金が欲しいとか、そういう具体的なのじゃなく。

自分自身が安定している状態で生きていきたいな、そういう状態が自分にとっての幸せだなって今思っています。

人に対して自分がどうこうしすぎるっていうのは、まず直したいし。

周囲から自分がどう思われているかっていうのを気にしすぎるのを、直したいっていうのもあるので。

今は、周囲というよりは、自分自身の内面を自分が幸せと思える状態に持っていこうというところです。

 

オーシャン  生き方のペース配分がわからないみたいなことを前半で言いましたけど、適当に生きていく自分をもうちょっと認められるようになるところから、より楽に生きていけるようになるんじゃないかなっていう気はしますね。

それこそはっしーさんとかともよく話すんですけど、「我々は生きるのに向いていない」っていう結論に到達しがちなのですが、「それでいいんじゃないかな」って、自分を許してあげる。

もっと自堕落に適当に生きていくことから始めたら、多分楽なんじゃないかなーとは最近思っています。

 

ショク  もう、なんか・・・逆に幸せじゃなくてもいいと思います(笑)。

幸せっていうとすごくなんか異次元のものを想像してしまうので、現実に起きたらそれはもう現実とは言えないんじゃないか、っていうくらいの感じがある。

ただまあ、しいて言えば、幸せじゃなくてもいいと思えれば幸せ、ですかね。

 

pha  僕はなんか今みたいなのが続けばいいなと思っているので。

いつまで続くかわからないけど、続けばいいなと思ってます。

僕の生き方は世間からどういう風にみられるかわからないですけど。

みじめな生き方だと思われる時もあるかもしれないですけど。

別に世間とか他人の言うことは気にせずに、自分なりにやっていければいいなと思ってます。

世間が「大人だったらこれくらいできるべきだ」というように言うのは、ちょっと間違っていて。

それぞれの人がそれぞれにできる精一杯をやっていけばそれでいいと思うんですよ。

そうしないと、使えない人間は全員死ぬべきみたいな感じになっちゃいがちなので。

それぞれ自分にできるだけのことをやってればいいと僕は思う。

僕もまあ、自分なりに自分にできることを適当にやっていきます。

 

葉梨  僕も結構、いま相当幸せなので(笑)。

昼過ぎに起きて、ご飯作って、その後ニコ生して、ゲームして、みたいな生活なので。

それを幸せと呼ばず何を幸せと呼ぶ、みたいな感じですね。

ニートって幸せであるべきだと思うんですよ。

こんなに楽しいじゃないですか。

本来楽しいはずなんですよね、ニートって。

だって一日中好きなことしてられるんですから。

でもそれを自分で自分を責めちゃって、楽しんだらいけない、みたいになるじゃないですか。

なんかそれもったいないんで・・・。

自分を責めていくのはもったいないと思いますね。

楽しくないニートは良くないと思います。

 

--ニートは幸せであるべきだ、ってすごくいい言葉ですけど、幸せに見えないことが多くて。

僕たちは親からの相談が多いわけですけど、親の中、家の中でやってる限りは幸せになれるようには見えないというか。

葉梨さんのとこにも「うちの息子を・・・」というメールが来ると聞いたのですが。

そういうとこにパッと出られる人だったらすごく新しい価値観だなと思うんですけど、やっぱなかなか出れないですよね。

親といる限り幸せになれないっていうのが、多いという感じが私たちはしているんです。

だからそこで苦しむよりは外に出て、最後はあくせく働かない生き方もあるよっていう風に言いたいなって思います。

 

 

   --ニート祭り終了--

 

 





 

 

 

<会場アンケート>

 

 

当日は100名近い方にご来場いただきました。

会場の皆様からのアンケートの一部をご紹介します。

 

 

・すごいみなさん上級ニートで驚いた。

 働く意欲があるとは!!!

 僕は働いてなかったら、怒られたりするのがいやで(働いたらマケ)ミュージシャン、役者、芸人をめざしてる「夢追いのフリ型」ニートでやってます。

 目が死んでる人がいないのもビックリ!ニートじゃない人の方が死んでるww

 

・葉梨さんの、シングルマザーを誘致する話は建設的だと思いました。

 

・働くフリが大事だなーとかんじた。

 

・「本来ニートは幸せなはず」というコトバ、印象に残りました。

 

・phaさんも葉梨はじめさんも、特別な能力を持った人で、そういう人でないと「ニート」として生きていけないのではと思ってしまった。

 凡人はニートとして生きていけない。

 

・専業主婦はニートなのか疑問ですが、ニートでの幸せを考えるキッカケになりました。

 

・フルタイムの仕事はせず、私も生きていきたいと思います。

 

・すごいゆるさに感激しました。

 劇の「ニート帝國」は楽しそうだった。

 

・山奥ニートは、農業やバイトをしているので「ニート」の印象を受けなかった。

 

・ショクさんのコメント「幸せでなくてもいいと思える幸せ」が、いろんな意味を含んでて深いと思った。

 

・「ニートは楽しくて当然」「自分を責めるのはもったいない」親としてこの言葉をどう受け止めたらいいのか?

 

・「本当は家族を作るのが向いてないのに無理に家族を作るから家族の病になるのでは」というphaさんの意見に、なるほどと思いました。

 

・たくさんの違った考えや目的を持った人がいる!面白い!

 

・20万稼ぐとなると手段は限られるが、2万だったら案外稼げる。

 →気負い過ぎなくても、生きていけると思いました。

  こういった多様性を認めていければなと思います。

 

・意外とお金をかけずに生きていけそうな気がして勇気がもらえたと思う。

 

・幸せなニートと不幸せなニートがいることが興味深かった。

 

・やっぱり人脈を作ること、それにはある程度のコミュニケーション能力が必要なのだなぁと思いました。

 

・自分も10年くらいニートだったので、劇の内容にとても共感できました。

 家の近くにも、そういった若者のための施設があったらいいのにと思います。

 

・劇はみんな思い思いにアドリブしていて面白かった。

 話の内容を明るくしていたのがすごいと思う。

 勇気をもらいました。

 

・見栄、欺瞞、虚栄心、そういう類のものを感じなかった。

 本心をむき出しにして生きている人達がいることが伝わった。

 

 


 

 

 <最後に・・・>

 

 

葉梨さんの「ニートは幸せであるべき」。

ショクさんの「幸せでなくていいと思えれば幸せ」。

 

実はこの2つの言葉が、アンケート上でもその後のツイッター上でも飛び交っていました。

 

ニート的な生き方を選択したとはいえ“自分の足で立っている”葉梨さんやphaさん。

自らの依存症やコミュ障とつきあいながら、今は普通の働き方を続けているショクさん。

 

最後には「働こう」言ってしまう私たち“ニート帝國”です。

ですがそれは、部分的にでも自分の足で立って人とつながっていないと、お二人やショクさんのような境地にも至らないと感じているからです。

 

そのためのお節介をこれからも続けていくと思います。

みなさんはどう思いますか?

 

 

 

新着記事

  月1回、寮生と卒業生とが話すしゃべり場を設けています。 土曜の鍋会をやっている一角で、卒業生の話を聞く寮生の姿を見ることができます。 最新の卒業生トークの内容をお届けします。     <今回話してくれる卒業生Kくんのプロフィ

    「自分探し」への疲労感   少し話がそれてしまいましたが、つづいて私がニートの若者たちと接しながら感じた、彼らの長所や短所について書いてみたいと思います。       冒頭で、「自分の好きな道を歩きなさい」という親の

  月1回、寮生と卒業生とが話すしゃべり場を設けています。 土曜の鍋会をやっている一角で、卒業生の話を聞く寮生の姿を見ることができます。 最新の卒業生トークの内容をお届けします。      <今回話してくれる卒業生Iくんのプロフィー

人気記事

この記事の関連記事

2月10日。 第11回ニート祭り ~あくせく働かない、その先の幸せ。~ を開催しました。   内容は2部構成。 ニュースタートの寮生やスタッフによる朗読劇。  「ニートの歩き方」著者のpha(ふぁ)さん と、和歌山の山奥で暮らす山奥ニート

ニート祭りでもお世話になったphaさん。 phaさんのドキュメンタリー番組が放映されます。   子どもがニートで困っている・・・という親御さんにも、ぜひ見て頂きたいです。   こんな生き方もできるんです。 「多様な生き方」の片鱗を、この

「親にしてほしい5つのこと」   このタイトルで、講演会を開催しています。   講演会に参加した若者から、今回は初の女性、現役寮生Tさんの話を抜粋しました。         ――引きこもったきっかけを教えてください。  


アーカイブ

2017

最新記事


© 2017 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.