MENU

首都圏4大都市での講演会が終了しました

2017年6月7日

 

首都圏4大都市講演会「我が子のニート・ひきこもりをこの1年で解決しよう」が終了いたしました。

 

_A4__fix.jpg

 

今回は千葉、大宮、横浜、そして東京と、4箇所での講演でした。

お問合わせもたくさんいただき、どの会場もほぼ満員でした。

 

特に東京は小さい会場になってしまったこともあり、1回ではおさまらず。

6月3日(土)と4日(日)も急遽追加して、全6回の講演となりました。

 

参加者は合計221名。

たくさんの方にお越しいただきました。

 

2017.jpg

   

男性の参加が、年々目立ってきているように思います。

ご夫婦でお越しの方もそうですが、男性お1人での参加も珍しくありません。

 

アンケートには、

「親の決断や責任の重さを知った」

「親が背中を押さないと」

といった感想が多くありました。

 

実例報告についても、

「良かった」

「参考になった」

との声をいただきました。

 

 

20172.jpg

 

 

「親が変わること」の必要性を訴えた講演会だったかと思います。

子どもの背中を押す親に、変わりましょう。

 

この講演会で、状況が前に進むことを願っています。

それができるかは、親御さん次第です。

 

今後は会場で希望を出された方への個別相談や親の会を行っていきます。

 

当日希望を出さなかった方で、もし、

「やっぱり話を聞いてほしい」

「相談に乗ってほしい」

と思われたら、お電話をいただければと思います。

 

首都圏4大都市での講演は終わりましたが、次は6月25日に茨城で開催予定です。

 

 

新着記事

ニート祭り続編  8.5 トークライヴ 「“ニート的感性”で空き家を楽しく再生しよう」 開催のお知らせ 市川市の空き家率は現在10軒に1軒。 全国平均の13%を下回っているものの、これからもっともっと増えてくることが予

母子密着という悪循環     それでも現実問題として、まだまだ日本では、母親の愛情が子どもを健全に育てるという考え方が根強くあります。   だから、私たちのところのような第三者機関に、子どもを預けることへの抵抗感もかなり強い。   お

  ひきこもり・ニートの若者講演会「働けなかった僕たちの本音」を行徳センターにて開催しました。   講演会に参加した若者から、今回は卒業生Cくんの話を抜粋しました。   C君はアメリカの大学で不登校になり、ニュースタートへ。 2年半の寮

人気記事

この記事の関連記事

2018年春の講演会の開催が決定いたしました。 ご予約は、お電話かお問い合わせフォームからどうぞ。 首都圏4都市講演会2018   親の「決断」で、ニート・ひきこもりは解決する ~最大のチャンスを逃さない3段階逆転解決法~

子離れどころのレベルではない   ニートを持つ親には、子離れができていない親も非常に多い。       それには、「いい学校、いい会社」コースの途中で、子どもがドロップアウトしてしまい、子離れの機会を失ったせいもあります。    そ

母子密着という悪循環     それでも現実問題として、まだまだ日本では、母親の愛情が子どもを健全に育てるという考え方が根強くあります。   だから、私たちのところのような第三者機関に、子どもを預けることへの抵抗感もかなり強い。   お


アーカイブ

2018

最新記事


© 2018 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.