MENU

首都圏4大都市での講演会が終了しました

2017年6月7日

 

首都圏4大都市講演会「我が子のニート・ひきこもりをこの1年で解決しよう」が終了いたしました。

 

_A4__fix.jpg

 

今回は千葉、大宮、横浜、そして東京と、4箇所での講演でした。

お問合わせもたくさんいただき、どの会場もほぼ満員でした。

 

特に東京は小さい会場になってしまったこともあり、1回ではおさまらず。

6月3日(土)と4日(日)も急遽追加して、全6回の講演となりました。

 

参加者は合計221名。

たくさんの方にお越しいただきました。

 

2017.jpg

   

男性の参加が、年々目立ってきているように思います。

ご夫婦でお越しの方もそうですが、男性お1人での参加も珍しくありません。

 

アンケートには、

「親の決断や責任の重さを知った」

「親が背中を押さないと」

といった感想が多くありました。

 

実例報告についても、

「良かった」

「参考になった」

との声をいただきました。

 

 

20172.jpg

 

 

「親が変わること」の必要性を訴えた講演会だったかと思います。

子どもの背中を押す親に、変わりましょう。

 

この講演会で、状況が前に進むことを願っています。

それができるかは、親御さん次第です。

 

今後は会場で希望を出された方への個別相談や親の会を行っていきます。

 

当日希望を出さなかった方で、もし、

「やっぱり話を聞いてほしい」

「相談に乗ってほしい」

と思われたら、お電話をいただければと思います。

 

首都圏4大都市での講演は終わりましたが、次は6月25日に茨城で開催予定です。

 

 

新着記事

新メンバー!

◇2017年8月19日◇

ここ数ヶ月で入寮したメンバーの、自己紹介文です。 最後のIくんは、かなりの大作! 文章が書けるメンバーが増えていますね。         風が気持ちいいなあ… それが、この町の第一印象でした。   こんにちは。初めまして。

        真面目な親が子どもを追いつめてしまう     年間約200組の親御さんの面談を、私が代表をつとめる「ニュースタート事務局」では行っています。   ニート(15歳から34歳までの無業者)や、不登校や引

  ・「働け」と言っても動き出さない。 ・やっと働き始めても、仕事が続かない。   これが今の若者の傾向です。 彼らを社会へ押し出すために、親は何をすべきでしょうか。   親の行動を考えるには、なぜこんな傾向があるのか、知る必要があり

人気記事

この記事の関連記事

  現在発売中の週間SPA!の特集、「死を招く『新型うつ』の正体」。 この中で、ニュースタート事務局が紹介されました。     特集内容は、セルフネグレクトに関するもの。 「自虐うつ」とも書かれています。   孤独死した事例や、

ニート祭りでもお世話になったphaさん。 phaさんのドキュメンタリー番組が放映されます。   子どもがニートで困っている・・・という親御さんにも、ぜひ見て頂きたいです。   こんな生き方もできるんです。 「多様な生き方」の片鱗を、この

 「親にしてほしい5つのこと」   このタイトルで、講演会を開催しています。   講演会に参加した若者から、今回は卒業生Nくんの話を抜粋しました。          ――ひきこもった理由を教えてください。 きっかけは大学


アーカイブ

2017

最新記事


© 2017 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.