MENU

首都圏4大都市での講演会が終了しました

2017年6月7日

 

首都圏4大都市講演会「我が子のニート・ひきこもりをこの1年で解決しよう」が終了いたしました。

 

_A4__fix.jpg

 

今回は千葉、大宮、横浜、そして東京と、4箇所での講演でした。

お問合わせもたくさんいただき、どの会場もほぼ満員でした。

 

特に東京は小さい会場になってしまったこともあり、1回ではおさまらず。

6月3日(土)と4日(日)も急遽追加して、全6回の講演となりました。

 

参加者は合計221名。

たくさんの方にお越しいただきました。

 

2017.jpg

   

男性の参加が、年々目立ってきているように思います。

ご夫婦でお越しの方もそうですが、男性お1人での参加も珍しくありません。

 

アンケートには、

「親の決断や責任の重さを知った」

「親が背中を押さないと」

といった感想が多くありました。

 

実例報告についても、

「良かった」

「参考になった」

との声をいただきました。

 

 

20172.jpg

 

 

「親が変わること」の必要性を訴えた講演会だったかと思います。

子どもの背中を押す親に、変わりましょう。

 

この講演会で、状況が前に進むことを願っています。

それができるかは、親御さん次第です。

 

今後は会場で希望を出された方への個別相談や親の会を行っていきます。

 

当日希望を出さなかった方で、もし、

「やっぱり話を聞いてほしい」

「相談に乗ってほしい」

と思われたら、お電話をいただければと思います。

 

首都圏4大都市での講演は終わりましたが、次は6月25日に茨城で開催予定です。

 

 

新着記事

  同級生たちの「受験パパ」化       ちょうど昭和40年代、私が学習塾をやっていた頃の話です。       当時は塾の保護者会をやると、たいてい母親しか来ませんでした。   ところが、私の塾でも受験動向などのデータ分析を

大人や仕事のモデル(見本)が少ない   とはいえ、「ただの人として楽しく生きろ」といっても、言葉だけではなかなか伝えにくい。   そこで、「ただの大人たち」と交流する機会として、「鍋会」という企画が私たちのところにはあります。  

  ただの人として、楽しく生きる  なかなか「働けない」ニートの若者に対して、私は     「ただの人として、楽しく生きればいいんだ」     という言葉をよく投げかけます。           日本の社会は

人気記事

この記事の関連記事

  現在発売中の週間SPA!の特集、「死を招く『新型うつ』の正体」。 この中で、ニュースタート事務局が紹介されました。     特集内容は、セルフネグレクトに関するもの。 「自虐うつ」とも書かれています。   孤独死した事例や、

    「自分探し」への疲労感   少し話がそれてしまいましたが、つづいて私がニートの若者たちと接しながら感じた、彼らの長所や短所について書いてみたいと思います。       冒頭で、「自分の好きな道を歩きなさい」という親の

  同級生たちの「受験パパ」化       ちょうど昭和40年代、私が学習塾をやっていた頃の話です。       当時は塾の保護者会をやると、たいてい母親しか来ませんでした。   ところが、私の塾でも受験動向などのデータ分析を


アーカイブ

2017

最新記事


© 2017 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.