MENU

ひきこもり・ニートの若者講演会 「働けなかった僕たちの本音」開催します

2018年7月25日

 

世間話はできるのに、肝心な話になると、黙り込んでしまう。

「どうするつもりなの?」と詰め寄ったら、親を避けるようになった・・・。

そのうち、声を掛けにくくなって、

ますます親子のコミュニケーションは減っていく。

将来をあきらめているように見える若者も、

本当は親に申し訳なく思っているし、どうにかしてほしい。

そんな言葉にならない気持ちがあるんです。

一歩を踏み出せず悩んでいる若者たちは、

親に対してどうにかしてほしいと思っているのか?

ひきこもり・ニート状態から脱し、再び動きはじめた若者たちが本音で語ります。

 

 

 

【講演内容】

 

 ●若者による演劇

   働かない若者を4つのタイプに分け、寸劇で再現します。

   それぞれに応じた接し方を、元当事者である若者たちの体験談を

   交えつつお伝えします。

 

 ●ひきこもり・ニートの若者体験談

   ①ひきこもった理由、その本音

   ②当時の生活、親への思い

   ③動き出したきっかけ

   ④これからの希望

 

 ●質疑応答

   “こんな時、どう声をかけたらいいの?”

   “どうしたら、働く気になってくれる?”

   我が子には聞けない、親御さんの疑問に、若者たちが本音で答えます。

 

 ●出演者

   Sくん(36歳)、Kくん(29歳)、Mさん(25歳)

   (今回は3ヶ月の集中訓練プログラムに参加中の若者も出演します。

    集中訓練プログラムは厚生労働省の奨励金を受けての事業のため、

    合宿費の負担のみで就労のために必要な3ヶ月間の訓練を受けることができます)

 

【日程・会場】

 

 ●日程 9月2日(日)14:00~16:00

   ●会場 ニュースタート行徳センター

  

※参加費無料

 

※要予約

  予約はお電話か、お問い合わせフォーム(イベントにチェックし、「若者講演会 ◯名」と記載)から 

 

2018.9.2_.jpg

 

 

新着記事

ニート祭り続編ニュースタート事務局主催☆提案型トークライヴ 「“ニート的感性”で シェアする生き方 働き方」 開催のお知らせ   ニート・ひきこもり経験があっても、社会の人手不足のために就労はぐっとしやすくなったここ数年。 でも

今のままじゃダメだと思うけど、きっかけがない、 何からはじめたらいいのか、 ひとりで悩んでどんどん息苦しくなっていく・・・。 ニート・フリーターからの再出発。 自立への一歩を踏み出しませんか?   集中訓練プログラムとは、ニュースタートの

母子密着という悪循環     それでも現実問題として、まだまだ日本では、母親の愛情が子どもを健全に育てるという考え方が根強くあります。   だから、私たちのところのような第三者機関に、子どもを預けることへの抵抗感もかなり強い。   お

人気記事

この記事の関連記事

  世間話はできるのに、肝心な話になると、黙り込んでしまう。 「どうするつもりなの?」と詰め寄ったら、親を避けるようになった・・・。 そのうち、声を掛けにくくなって、 ますます親子のコミュニケーションは減っていく。 将来をあきらめているよ

  ひきこもり・ニートの若者講演会「働けなかった僕たちの本音」を行徳センターにて開催しました。   講演会に参加した若者から、今回は現役寮生Kくんの話を抜粋しました。   38歳という、比較的高い年齢のKくん。 (寮生には40代もいるの

ひきこもり・ニートの若者講演会「働けなかった僕たちの本音」を行徳センターにて開催しました。   講演会に参加した若者から、今回は現役寮生Oくんの話を抜粋しました。   レンタル活動(訪問)を受けて入寮してきたOくん。 訪問の様子がよく分か


アーカイブ

2018

最新記事


© 2018 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.