MENU

ひきこもり・ニートの若者講演会 「働けなかった僕たちの本音」開催します

2018年2月28日

 

世間話はできるのに、肝心な話になると、黙り込んでしまう。

「どうするつもりなの?」と詰め寄ったら、親を避けるようになった・・・。

そのうち、声を掛けにくくなって、

ますます親子のコミュニケーションは減っていく。

将来をあきらめているように見える若者も、

本当は親に申し訳なく思っているし、どうにかしてほしい。

そんな言葉にならない気持ちがあるんです。

一歩を踏み出せず悩んでいる若者たちは、

親に対してどうにかしてほしいと思っているのか?

ひきこもり・ニート状態から脱し、再び動きはじめた若者たちが本音で語ります。

 

 

 

【講演内容】

 

 ●若者による演劇

   働かない若者を4つのタイプに分け、寸劇で再現します。

   それぞれに応じた接し方を、元当事者である若者たちの体験談を

   交えつつお伝えします。

 

 ●ひきこもり・ニートの若者体験談

   ①ひきこもった理由、その本音

   ②当時の生活、親への思い

   ③動き出したきっかけ

   ④これからの希望

 

 ●質疑応答

   “こんな時、どう声をかけたらいいの?”

   “どうしたら、働く気になってくれる?”

   我が子には聞けない、親御さんの疑問に、若者たちが本音で答えます。

 

 ●出演者

   K.Aくん(21歳)、S.Sくん(28歳)、O.Hくん(35歳)

   (今回は3ヶ月の集中訓練プログラムに参加中の若者たちも出演します。

    集中訓練プログラムは厚生労働省の奨励金を受けての事業のため、

    合宿費の負担のみで就労のために必要な3ヶ月間の訓練を受けることができます)

 

【日程・会場】

 

 ●日程 3月21日(水・祝)14:00~16:00

 

 ●会場 ニュースタート行徳センター

 

 

※参加費無料

 

要予約

  予約はお電話か、お問い合わせフォーム(イベントにチェックし、「若者講演会 ◯名」と記載)から 

 

新着記事

お遍路ハウス四国88説明会   次世代に何をつなぐのか!?   私たちは、次世代にスピリチュアルな故郷、  「お金のそろばん」ではなく、   「心のそろばん」の生き方をつなぎたい。   2015年、観光庁が、外国人にすすめる日本の7つ

      二神能基著「暴力は親に向かう」   この書籍の初版は、今から12年前の2007年に東洋経済新報社から出版され、2010年に新潮社にて文庫化されました。 ここ最近の一連の事件を受け、新潮社の方から「今読んでもらいたい本、再

  毎年恒例の若者講演会。 詳細が決まり、予約受付を開始しました。   寮に暮らす若者たちが、自分の体験を語ってくれます。 ひきこもり・ニートだった若者たちの生の声を聞ける、数少ない機会です。 (今年の開催はこれで最後になります)  

人気記事

この記事の関連記事

  毎年恒例の若者講演会。 詳細が決まり、予約受付を開始しました。   寮に暮らす若者たちが、自分の体験を語ってくれます。 ひきこもり・ニートだった若者たちの生の声を聞ける、数少ない機会です。 (次は9月頃開催の予定、開催は年2回のみで

首都圏4都市ひきこもり対策講演会   ひきこもりを解決した親たち      高齢引きこもり、長期引きこもりのニュースが連日話題になっています。 政府も就職氷河期世代への支援を打ち出しました。 色んな新しい支援を考えなければならない

  ドイツの女性誌で、レンタルお姉さんの仕事内容が紹介されました。 ドイツ語のため、内容が分からないのですが・・・。   海外の方からの引きこもりへの関心は高く、度々お問い合わせをいただいています。        


アーカイブ

2019

最新記事


© 2019 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.